どうして格安航空券は安く購入出来るの?

格安航空会社の努力の成果

格安航空券が安い理由としてまず挙げられるのが格安航空会社が努力を重ねてきているからです。コストを削減することを目指して事業改革を行い、最小限のコストでフライトを提供できるように工夫を凝らしてきています。機材のメンテナンスコストを下げたり、空港での不要なサービスを排除して人件費を削減したりしているのが代表例です。また、機内サービスを減らして必要なら有料で利用できるようにするという形で利用者負担という形を取るようにしています。この他にも座席指定や受託手荷物を有料化するなど、誰もが必要とするとは限らないサービスを無料で提供するのをやめ、必要ならサービスに申し込んでもらうという形で安く提供できるようにしているのが現状です。

旅行代理店の取り組みの影響

格安航空券は旅行代理店の工夫によって提供できるようになっているものもあります。航空会社から団体扱いで大量の航空券を旅行代理店が手配し、それを小分けにして個人に売ることで安くしているのです。このような方法で利用者が直接予約をするよりも旅行代理店を利用した方が安くフライトを利用できるというメリットを受けられるようにしています。通常は航空券単独ではなく、ホテルなどと合わせたツアー商品として扱われていますが、中には航空券だけを購入しても安くなる場合もあるのでメリットが大きいサービスです。旅行代理店によって割引されている航空会社も割引率も異なるため、このサービスを利用するときには比較をすることが必須になります。